月別アーカイブ: 2008年2月

伝道部会

午後2時、先日葬儀を営まれた金沢のI家のご家族が納骨法要および満中陰法要に來寺。皆さんが寺にこられてからハタと気づいた。今日このあと、足羽山の墓地に納骨されるおつもりではないかと。尋ねるとそうだとおっしゃる。しまった、今足羽山は補修工事で入山禁止のはず。市役所に問うと、日と時間を決めてあらかじめ申し込んでください、それなら係員が同道して入山可能とのこと。恐る恐る、「今日県外から納骨にいらしてるんですが・・・・・」
「時間は?」「4時半から5時の間です」「わかりました、何とかしましょう」とのやり取りで納骨できることになった。

山からS家七日法要。
6時半から、福井組の中で自分が所属する教学伝道部会の会合。対社会的な公開講演会なり、イベントを何か考える方向で思惑が一致。

親睦の会食をして、ジャズクラブへ。そこでも先ほどの続きの話。
結局午前様になってしまった。

そういえば今日はうるう年の29日。高校の同級生で鹿児島で個人でホスピスを運営する友人が確か今日が誕生日。4年に一度の誕生日なんて変な感じだろうなと思っていたら、本人がある掲示板に書き込んでいた。16回目のたんじょうびですと。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

2008年度千福寺行事予定

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

部屋の片付け

自分が愛読している、何人かのご住職のブログで、部屋の整理、机上の片づけが下手であると告白されている。全く自分もその通りで、そうした日記に出会うと、思わず共感の声「そうそう、そうですよね」が口をついてでてしまう事がある。

というわけで、本日午後部屋の整理(掃除)と机の上のモロモロの整理に取り掛かる。

結果は・・・・・・・・・・・・

掃除機のモーターの回転数が以上に上がり(音で分かる)、そのままプッツン。
ブレーカーが落ちたのではなく、明らかにモーターが壊れたようだ。掃除が目的なら、他の掃除機を持ってきてすればいいものを、ドライバーを持ってきて故障のそれを分解、修理できるものかどうか確かめようなどとするから、掃除・整理がパタっと中断してしまう。

再びというわけで、今日も掃除、整理は中途半端で終わってしまった。

夕刻、I家の七日参り。

夜、ここ数日このブログでお勧めしておいた
大平光代さんと鹿児島の岩元さんとの対談を見る。
京都の息子が、このブログをみていたのか、今晩のその対談、自分は所用で見られないので、録画しておいてくれとのメールが入る。

相手を受け入れる事、また入れられてある事をも素直に受け止めること、いずれも大切で、また難しい事である。そのことを淡々とお二人がご自分の体験を通して語られる背景に、ここまでくるのにある意味、強烈な葛藤、苦悩などあったに違いないと思う。

受け入れる事、受け入れられてある事の気づきとそれを素直に受け止める事、如来様のお慈悲の世界をこんな形で見せてくださったお二人に感謝するばかりである。

そういえば、お二人とも浄土真宗のご門徒。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

寺院の存在意義

十時に、同じ部会に所属するお仲間寺院の若院さんお二人にご足労願って、彼らのアイデア・意見を承る時間をもった。

ランチを挟んで4時間くらいは語り合っただろうか。ひしひしと彼らの熱意、思い、そして危機感が伝わってきた。
彼らに共通するのは、今のままでは寺院の存在意義がどんどん見失われるばかり。何故本堂を中心とした伽藍・境内がなければならないのか、その意味付けを自分たち自身がはっきりと確認できていないといけないということ。

お寺は要らない、ということをあからさまに口にする人があっても、たとえ今はそう仰っても本当はお寺は無くてはならない存在なのですという事を寺族がはっきりと自信をもっていえなければならないはずだか、果たして現状はそうなっているだろうか。年を召した方の憩いの場も、デイサービス・デイケアセンターに取って代わられ、葬儀はセレモニーホールに移り、永代経法要と報恩講法要、そしてお寺を使っての門徒さんの法事くらいにしか使われない本堂だったらあまりに勿体無いではないか。

否応なしに寺院が減少する、統合化される時代にすでに突入したといえるのかもしれない。
何のためにお寺は存在するのか、いやなければならないのか、実は住職、寺族のみならず、ともにご門徒も問題を共有化しない限り、お寺はバタバタと消えてゆくであろうことは明らかである。

お勧めの番組
  
      〜弁護士 大平光代さん ダウン症をめぐる対話〜

    放送は明日28日、午後8時より、教育テレビにて

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

葬儀

午前10時より、会館での葬儀に出仕。お導師は福井市内G寺のA氏。故人はこの町内の老人会の世話役を長年にわたってお勤めくださった方。

午後、来月早々布教に赴く佐賀までのJRチケットを購入に雨の中を駅まで。
パソコン、インターネットはそこそこ使いこなしているつもりではあっても、まだまだということを思い知る。チケットをネットで予約・購入するのに、湖西線と新幹線の乗り継ぎで購入の仕方がわからない。何度も何度もトライするのだが、画面には乗り継ぎ購入の仕方のボタンなりがあってしかるべきだと思うのだが、あるのかもしれないがそれがわからない。エーイこんなことで時間を費やすより緑の窓口に行ったほうが早いというわけで、雨の中を車をだす。

以前MDに録音した演奏(Piano 耳鼻咽喉科のドクター・Bass 私)の Duo 演奏をCD化するために、デジタル機器を使い音をパソコンに取り込む作業。CDにしたら、佐賀の友人へのお土産にするつもり。

自分の演奏を聞きながら、こうして法話なども自分で何度も聞きなおしてチェックするなどすべきだな、さすればもう少しはお聞きくださる方の身になったお取次ぎもできるだろうにと反省。しかし、自分の法話を聞きなおすというのはどなたも仰ることだが中々しんどいこと。

お勧めの番組
  
      〜弁護士 大平光代さん ダウン症をめぐる対話〜

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする