焼き鳥屋

午後5時より、同じ組内(そない)若手の僧侶お二人に千福寺までご足労願って、わが部会の活動についての意見を聞かせてもらう。わが部会とは教学・伝道部。
二人とも誠実に組織において、さらにまた、住職継承者としての自分の立場をよく自覚、わきまえておられ真剣な提言をされる。これからの浄土真宗を担うに、こうした若き人材が活躍できる場を準備し、その芽を伸ばすお手伝いをするのも自分の役割かな、などと考える。

一段落したところで席を焼き鳥屋に移し、一献傾けながら続きのような話に花が咲く。T君は昨年まで大手企業に席を置いていた。東京で同郷の友人らと飲む時には、東京のこの焼き鳥チェーン店をよく利用したという。福井発の全国展開している数少ない業種が(全国展開というのは大げさかもしれないが)この焼き鳥屋チェーン。この店では男性客はすべて社長になれる。(と呼ばれる)

お腹も満杯になったところで、件のジャズクラブへ。最後までお二人が付き合ってくれた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す