怒涛の一日(その1)

9時、金津町にてN家葬儀。終了後北陸自動車道にて今庄まで移動。11時よりK家一周忌。残された奥様とご子息は、葬儀をご縁に、昨年、千福寺の真宗講座を皆勤で受講された。悲しみが尊いご縁になるなら、その悲しみすら拝んでゆける世界へと転ぜられるのがお念仏。

終わって福井市へ取って返し、I家満中陰法要。親戚でお隣にお住いのMさんの奥様が、かいがいしくご法事のお手伝い。ご主人とお孫さんが先月の「お説教と蕎麦会」に参加しておられた。「あの時の今度お写真をお送りしますね」というと、このブログのアルバムにまだ載ってないですもんね、住職もお忙しいようで・・・」と、しっかりここを観ていてくださることをアピールしてくださった。

Mさんへ。このページ最上段の(お問い合わせ)のボタンをクリックして、千福寺までメールください。折り返しあの時のお孫さんの写真を電送します。(以上、業務連絡?)

帰宅して急いで着替え、法務員のY君に福井駅まで送ってもらう。チケットは購入してあったが、可能ならその前の列車で行こうと思った。ここでまず大失態。携帯電話を忘れてきたことに気づく。行く先は佐賀の本派寺院。連絡先は分かっている事だし、明後日の夜には帰ってくる、携帯は無くてもいいかと思ったが、まあ仕方が無いとタクシーで結局取りに帰った。結果的にはこれが大正解。   怒涛の一日(その2)に続く

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す