日別アーカイブ: 2008 年 3 月 31 日

訃報

鹿児島滞在中、連続して門徒さんの訃報が飛び込んできた。
まず、横浜のMさん。四月にご母堂さまの七回忌を寺で営むお約束とその確認を先日したばかりだった。

次いで、福井市Hさん。先日お墓を建て替えられたばかりであの時はそんな様子は微塵もなかったのに、くも膜下出血らしい。そして同じ市内のTさん。七年近く前に倒れてそれ以来病院で寝たきりの奥様を毎日毎日自転車で看病にゆかれるこれまた八十歳半ば過ぎのご主人のお姿をしばしば目にしたことを思い出す。

横浜のM家は、アメリカにおられるご子息の帰国を待たねばならないこともあり、通夜は二日葬儀が三日となった。その前にH家の葬儀がある。一日に帰福の予定だが、いそがしくなるものの、何とかこなせるだろう。T家とM家の葬儀が重なるが、自分が横浜へ出向き前住職に市内T家の葬儀を執り行ってもらうことになる。

本日、介護つき老人ホームに入居している一回り以上年の離れた長姉を見舞う。体は弱ってきているのは間違いないが、しかし思ったより頭はしっかりしていて、受け答えもきちんとしてくれる。父母が逝き、またこうして徐々に兄弟が弱ってゆく、そんな年代に自分も入っている事をしみじみ思う。少しでも姉がいてくれる時間の長い事を願うのみ。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする