連研(れんけん)

福井組(ふくいそ=旧福井市内の西本願寺の寺院の組織)主催の連続研修会、(略して連研)の第二回目が午後七時より西別院で開催された。受け付け当番として早めに別院に行き準備。

千福寺からの受講生は七名。今日も一人の欠席もなく何より。正信偈のお勤めの練習を中心に皆さん熱心に研修を受けておられる。
千福寺からの受講生のMさん、先月のこのと写真をプリントして持参してこられた。丸岡町からのUさん、「住職、ブログが停滞してまっせ!」とハッパをかけられた。
そうです。三月末から訳あって二・三日休んだらそのままずるずると今日まで穴を空けてしまった。こりゃ、また夏休み終わりの絵日記状態。また思い出しつつ穴埋め作業に取り掛かるとしましょう。

連研終了後、足羽河原の夜桜を愛でに坊守を誘って出た。満開の桜の下で、西行の句を思い出したが、その句とは風情は程遠く、にぎやかなものだった。
しかし、確かに夜の桜は狂おしい。

  願わくは 花の下にて 春死なん
        その如月の 望月のころ

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す