専精会総会

発足して4年目になる、福井専精会の年次総会。会長以下、執行部の皆さんの準備怠りなく、平成19年度の事業経過報告と会計報告。
専精会の昨年最大の行事は、行信教校から高田慈昭和上をお招きしての行信講座であろうか。手ごわかったが、「仏説無量寿経に学ぶ」とお経の原典にあたるというもの。五十名を越える受講者があり、充実した講習会になった。

今年はその後を受けて、「仏説観無量寿経に学ぶ」ということで、今『一味』(行信教校発行の季刊信仰誌)に観無量寿経を連載しておられる、天岸浄円先生をお迎えする。

恙無く総会はおわり、その後は本願寺作成の「親鸞聖人」のアニメーションを鑑賞する。アニメーションとはいえ100分を越える大作である。時間の制約もあり、関東から京都にお帰りになる段で一応今日は置いておく。続きは次の機会に回す。

夜、5月の行信教校OBを中心とした僧侶学習会の案内を昨年の受講者の方々にファックスにて送る。早速の受講申込もあり反応は上々。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す