自作CD

入院中の姉の体調が、驚くほどに好転したそうだ。ここ数年ないくらい気力も充実しているらしく、本人からの携帯電話での話し振りから、また入院先の院長からのメールからも(高校の同級生)それが窺われる。何と言っても本人が驚いている。その理由は素人には知る由もないが、何はともあれありがたいことである。

先月見舞いをかねて帰省し病院に泊り込んだ。朝、持参のMP3プレーヤで聞いていたピアノと自分のベースのデュオ演奏(ピアノは福井で活躍する瀬戸れい子さん)を、看護士さんがいたく気に入ってくれたので、ダビングしてプレゼントする約束をして来た。かなりの枚数のコピーであったが、ほぼ枚数を確保できたので、送る事にする。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す