第二回行信講座

前日岐阜羽島泊りされた天岸先生を9時過ぎに福井駅に出迎える。岐阜で午後、夜の二座を勤められての福井入り。本当にありがとうございます。

50名の受講生。信仰誌『一味』に仏説観無量寿経を執筆中の先生の講義は、その研鑽の深さを十分に窺うことのできるものである。
昼食、休憩を挟み午後の講義。お疲れの様子を見せることなく、最後まで張り詰めた講義をいただいた。

質疑応答の後、テーブルを片付け記念撮影。休憩後4時より、公開法座という形で法話聴聞。在家であることの厳しさ、ひいては浄土真宗の厳しさを切れ味鋭くお取次ぎくださる。

散会後、駅にお送りし列車時刻までしばし杯を傾ける。大阪のご自坊帰着は11時半ころになるとか。お体にご留意いただき、来年の続講をよろしくお願いします。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す