日別アーカイブ: 2008 年 6 月 17 日

一心会

鯖江市の聞法会の団体である「一心会」。その活動は戦後間もないころから続いていると聞かされている。会を組織されるのは、在家の皆さん。鯖江市内のお寺を会所(えしょ=会場)にお借りして、毎月聞法の集いを開催されてきた。
自分がこの一心会にご縁をいただくようになって、もう10年にもなろうか。

今月は鯖江市内のH順寺様が会所。いつもならご隣寺のS照寺様が会所だとおもうのだが、S照寺様は現在お御堂の大屋根の葺き替え工事の最中。その事情もあってのことだろう。S照寺の若院さんもお聴聞に見えている。

この会のお同行の皆さんは、それこそお聴聞のベテランぞろい。気持ちよく布教使をのせてくださる。千福寺門徒のMさんがお茶のご接待をしてくださった。
M家のご家族は先代様の時代からこの一心会を支えてきてくださったと聞く。こうした在家の皆さんのご尽力で、法座が維持されてきたことの意義は深い。

法座終了後、喫茶店に場所を移し、同じくお聴聞に見えていた、鯖江誠照寺派のN氏と歓談。またまたコンピュータを含むいろんな情報を仕入れさせていただいた。

帰山後、「はらから」編集。それにしても、年々編集にかける時間が長くなりつつある。これは決してその分、内容が深まったということではなく、こちらの能力が減退しているということの裏返し。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする