日別アーカイブ: 2008 年 6 月 22 日

日曜講座そして・・・・

お勤めの練習を中心として浄土真宗の基礎を学ぐ日曜講座。今日は第五期の三回目。受講生の皆さんのお勤めの声がでるようになってきた。やはり慣れと同時に自信がついてこられたからだろう。今日から念仏和讃の練習にはいった。後半は、お仏壇のお荘厳の説明。
終了後の茶話会。関東にお住まいのM様からつい先日スイカが送られてきた。少し小ぶりだが、実に甘くておいしい。皆さんと一緒にいただいた。
茨城県にお住まいの方から送ってくださったんですよとお話しすると、福井を離れられてもこんなにお寺のことを思ってくださる方もあるんですねと皆さん感心しておられた。ついでに申し上げると、「この方は、お嫁に行かれたかたなんですよ」というと、ますます皆さん感激。

続いて10時半より市内N家一周忌法要。その足で福井市郊外の団地にお住まいのI家二十五回忌法要。昭和59年、小学校3年のお嬢さんが川に流されて(先に流されていった友達を助けようとして)亡くなられた。残された妹さんが今は素敵な娘さんに成長され、お勤め先の大阪から帰っておられた。この後お父さんがこの夏定年退職されるので、お父さんに感謝の気持ちをこめての会食をされるとか。自分と同年代のご夫婦のその後の25年と自分のそれとを重ねる。(感想・・・・・・やはり人生は決して長いものではない)

帰山して、東京からI家のご家族が来寺。今年始めにお母様が亡くなられて、墓地やご遺骨、そしてご法事を今後どうしたらいいものかというご相談。

T家のお父上が亡くなられたとのことで、市内H町のご自宅へ向かい枕経。まだお仏壇がないお宅であり、葬儀社が用意した三つ折のご本尊を立ててのお勤め。明日の通夜、明後日の葬儀の段取りを相談の上決める。
そのまま、Y家の月忌まいり。お約束の時間より大幅に遅れたことをまずお詫び。一緒にゆっくりと仏説阿弥陀経を読む。ご主人が話し好きで、自分もそれを楽しませてもらっている。刷り上ったはらからをお渡しし、来月の永代経法要には必ずお参りくださいとご案内。

長い一日でした。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする