おみがき

十二時、市内H家墓地納骨。先般亡くなられたご主人の納骨。

午後二時より婦人会(りんどう華の会)の例会。初めての試みで、永代経法要前の奉仕活動としてお内陣仏具の「おみがき」をしましょうとの皆さんからの発案である。役員さんを中心にお集まりくださった。
お磨きをするのは初めてという方もあり(ご自宅のお仏壇も含めて)、話も弾みながらのご報謝。法務員のY君の指示に従い、思ったよりずっと早く終わることができた。

皆さん、本当にありがとうございました。

お茶を飲みながら、八月七日に久しぶりに実施する「千福寺子供の集い」にむけて、婦人会の皆さんのご協力の相談。いろいろなアイデアが出てくる。

一足先にその場を辞して武生のK家へ向かう。Kさんは家をリフォームされ、昨年の報恩講が勤められなかった。お仏壇を元の仏間に納められた、そのおわたましのお勤めと、昨年の分の報恩講。ご夫婦、息子さん夫婦それに三人のお孫さんたちもちゃんとお座りしてのお参り。

K家から福井市内のY家の月忌法要へ。嫁がれたご姉妹のお嬢さんに昨日赤ちゃん誕生(お孫さん)というので、お父さん(故人)への報告もかねて実家へお参りされていた。

帰山すると、自分が行信教校時代に言い尽くせぬほどお世話になり、かわいがってくださった小母様が入院されたとの知らせを娘さんからいただいた。九十歳を超えて、今でもお念仏の絶えない方。お見舞いをかねてご無沙汰ばかりをお詫びに行こうと思う。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す