大阪へ

昨日の懇親会場の米原から、大阪へ向かう。先日も寄せてもらったオバちゃんのお見舞いである。
先日もベッドサイドについていた東京のお孫さんが、今日もついていた。比較的仕事の時間が自由になるので、こうしてできるだけおばあちゃんについていてあげたいからという。このお孫さんとは、大阪行信教校時代、よく遊びにオバちゃんのところへ来ていたので、寮で飼っていた犬(ダルメシアン)の散歩や、キャッチボールをして遊んだものである。当時小学校の低学年だったろうか。彼女もタカマサ兄ちゃんと慕ってくれていた。その彼女も今二人の高校生のお嬢さんのママ。

オバちゃんはしかし少しづつではあるが弱ってきているみたいで、目を開けて話す時間が短くなり、お眠りの時間が長くなっている。

オバちゃんが眠っているその分、このお孫さんと昔の話、現在の様子などいろいろ話する。オバちゃんの手を握っているところを彼女が写真に撮ってくれた。
90才前のおばあちゃんの手には見えないし、小柄な方なのに意外とその手の大きいことにあらためて気づいた。

また会えますようにと念じつつ、大阪をあとにした。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す