日別アーカイブ: 2008 年 8 月 25 日

まつりのあと

昨日のコンサートのあとの打ち上げで、少しばかりアルコールの量が多かったのか、二日酔いとまではいかなくても、体がだるい。

こうしたイベントを終えた後のある種のけだるさは、きらいではない。肉体的なものではなく、気持ちの中でなにか一種の虚脱感。ふと昔々のタクローの歌を思い出した。

   まつりのあと 吉田拓郎 作曲

  ネットで調べたら、昭和47年とあった。

しかし、感傷に浸っている暇はないと、自分を奮い立たせ会場の後片付け。
マイク・マイクスタンド・スピーカー・照明器具などざっとしまい終えたところで、昨日の演奏の録音を聞いてみる。
T寺様の若院さんからお借りした、Sony の PCMレコーダー。ステージの正面でワンポイントで録音。

初めてこの手のレコーダーを使ってみたが、これは優れものだとおもった。かつで同じくSony のデンスケと呼ばれるカセットレコーダーと大きなコンデンサーマイクで録音したものを、ヘッドホンで聞きながら、いい音だなあと感激して聞いていた時代。次に一挙にデジタルの時代が押し寄せ、小型MDプレーヤーで録音し、テープヒスノイズのない音にこれまた感激した。
ついでながら、DATの小型携帯録音機には自分は手を出さなかった、いや出せなかった。

そして今は、小型PCM録音機材の登場。ここまでアマチュアでもきれいに録音ができる時代になったんだということを痛感。
時間さえあれば、昨日の演奏を曲ごとに分割してCD化してみたい。

こんなことばかりやっているから、時間がいくらあっても・・・・足りない。

    

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする