腰痛をかかえて

腰痛があっても、しなければならないことは待ってくれない。
午前中、市内S家の月忌まわりと報恩講勤め。S氏は今年の日曜講座の受講生。今月の最終回の当日、中国出張があるそうで、時間に余裕があれば最終回を受講して一週間の中国出張にでますと仰る。本当にご苦労様です。

午後、坊守の同級生の皮膚科のお医者さんに電話。水虫の薬の追加をお願いしたら、今日午後も診察しているから見せに来なさいといわれる。診察を受け、このさい徹底的に治しましょうよと。

その足で、先日購入し、すそ直しを終わった綿パンを受け取りにゆく。さらにカイロプラクティックに向かい施術してもらう。だいぶん楽になったような・・・。
そのあと、チェーン店のカメラ屋にゆき、6月の行信講座の天岸先生を囲んでの記念写真を葉書サイズにプリントする。待つこと20数分。出来上がりをみるとなんとなくぼやけている。これは残念ながら撮ったカメラの方のせいだろう。去年のこの記念写真は綺麗にとれていたのに、なんで・・・・と思いつつ帰山。

腰痛があってもしなければならないことは待ってくれない。まあ動ける程度の痛みだということには違いないが。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す