第五期日曜講座終了

8時半より、今期(第五期)の日曜講座最終会。お勤めの練習も何とか「願以此功徳」まで一通り終えることができた。単に練習で終わるのではなく、自身で毎日お仏壇の前でお勤めくださるよう切に願う。
皆さん、本当によく最後までお通いくださいました。ようこそでした。

次いで10時半から、H家満中陰法要をお寺で。皆さんをお見送りして昼食。午後1時から3時までT家の本家と分家の2軒の報恩講勤め。帰山して3時よりU家の七回忌法要。皆さんがお帰りになられ、急いで市内A家の報恩講を勤める。
昨年まで一緒におまいりされていた奥さんの姿が見えないのでお留守ですかと尋ねると、実は認知症がひどくなってきたのでデイケアセンターに通所しているとのこと。昨年まではそんな様子は全く感じられなかったのだが、御家族に言わせると5年ほど前からその兆候はあったのだそうだ。まだ自分が自分のことはできるからいいが、いずれ専門の施設に預けなければならなくなるかもしれないとご主人が寂しそうに仰る。

5時半に帰山してすぐ、門徒会館の通夜に出仕して阿弥陀経のお勤め。本をお配りしており、一緒にお勤めされる声が聞こえるのが有難い。同じ通夜でも参列者の意識でこんなにも違うものかと思う。

夕食を急いで済ませ市内K地区の在家布教。この地区のお講の報恩講に招かれて法話のご縁をいただくようになって四年になる。2席のお取次ぎ。9時半に帰山。なが〜い、なが〜い一日だった。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す