今日の一日

9時より報恩講廻り開始。まず市内O家、5年ほど前に門徒になられたお宅だが、一緒にお参りされていた御子息に始めてお会いした。建築設計の仕事に携わっておられる。
次いで総代のY家。商店街の活性化のために理事として活動しておられるが、心を一つにして一つのイベントに取り組むということの難しさを語られる。午前中最後がA家。奥様は定年まで市内の病院で看護師として働いてこられた方だが、東京から戦後福井に帰ってこられてからだということをはじめて知った。3月9日の東京大空襲をまともに経験して、隅田川に浸かって火災から身を守ったそうだ。

午後K家。おろしそばの名門。入院中の父上を除いて御家族で揃ってお勤め。現店長は気さくな方で商売する方ならではの町の情報通。ある新興宗教にしつこく勧誘されてきたがきっぱりと断ったことなど話を伺う。最後に美味しいおそばを御馳走になった。

その後、法務員のY君と別れ一人でT地区のM家へ、おわたしましのお勤め。来年の、ご尊父の十三回忌前にお仏壇のお洗濯をされるという。年忌法要をきっかけにお仏壇を綺麗にするというお心もちがとても有難いと思った。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す