T寺様報恩講

午前9時、市内I家報恩講勤め。奥様の認知症が進んでおられる由。現在、施設に入所しておられる。
次いでN家の報恩講を勤める。併修してご尊父の七十回忌法要も。父親の七十年の年忌法要を勤めることができるなんてとても思ってもいませんでしたと。

午後、T寺様報恩講出仕。庫裏、門徒会館建築事業の最中ゆえ、今年は一日だけの報恩講にさせていただきましたとのご住職の挨拶。来年は住職を譲りますので、新住職が再び3日間勤めてくれるでしょうとも。

報恩講法要などは一度縮小したらもとに戻すのは大変な苦労を伴う。大変だろうがまたT寺様の3日間の法要の復活を切に願うことである。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す