月別アーカイブ: 2008年10月

上河端報恩講

8時半、寺を出立。鯖江上河端(かみこうばた)地区の報恩講廻りと夜の総報恩講(そうぼんこう)。午前中5軒。お昼は寺当番のK島さんの御接待で在所のお蕎麦屋さん。近年上河端の報恩講廻りのお昼は、この蕎麦屋さんが定番になっている。よって店の親父さんとは七夕(年に一度の再会)の関係。
親父さんは蕎麦に関してはかなりのこだわりをお持ちで、固めの桶蕎麦がウリ。
越前下ろし蕎麦は大根おろしと出汁をぶっ掛けて食べるのだが、水を張った桶に固めの蕎麦が入っていてそれをすくってざる蕎麦のように食べる。もちろんこのだし汁には大根おろしが溶いてあるのだが。
美味しいですよ、一度食べてみたいと思われる方には、店の場所を紹介します。

そういえば店の入り口近くで「玉虫」死骸を見つけた。子供の頃鹿児島の田舎ではしばしば眼にしたのだが、何十年ぶりだろう。言うまでもなく法隆寺の「玉虫の厨子」あるいは「玉虫色」の本家本元。

午後、5軒のお参りを済ませ、在所の道場にて総報恩講。おたじといわれるご飯だけを盛ったお椀を入れた箱を皆が持参し、道場の台所で今年の道場番さんが味噌汁と野菜の煮物とお漬物を準備。それをおかずにお精進の会食である。
道場番さんの食前の挨拶には必ずこの言葉が入ることになっている、すなわち「塩っ辛い御汁をたっぷり用意しましたのでお代わりも充分あります」と。

おかわりもして、美味しくいただいてそれから皆さんでもう一度お正信偈のお勤め。そして2席の法話。そういえばお勤めの最中、こんなハプニングが。

念仏和讃に入ったところでブレーカーが落ち、停電状態に。明かりといえば蝋燭のそれだけ。お勤めを中断しようかと一瞬迷ったが、そのまま続行。
なんと殆どの人が途切れることなく一緒についてお勤めされた。道場の空間にお正信偈が響き渡った。さすが上河端の千福寺同行の皆さん。
お勤めが終わる直前にブレーカー復旧でめでたく点灯。

法話は当然、このハプニングからお正信偈のお勤めの大切さ、そしてお通夜にも声に出して揃ってお正信偈の唱和をすることを大切にしましょうと結んだ。
帰り際、今年日曜講座を受講されたIさんに続き、来年の受講を何人もの方が申し出てくださった。これも本当に嬉しかったこと。

上河端の皆さん、今年一年、永代経、報恩講とお寺の台所当番のご報謝、本当にありがとうございました。21時帰山。明日も、め一杯の報恩講廻りと法事。
ガンバラナクチャ。

上河端の千福寺道場。お内陣は幅2間(にけん)の立派なもの。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

○宗寺様報恩講

鯖江○宗寺様報恩講法要に出仕。日中法要後鯖江市内のK家・Y家の報恩講を勤める。○宗寺様の午後の法要に出仕してのち、鯖江は上河端の門徒さん宅の報恩講3軒を勤める。

夕食後、久しぶりにベースを手にする。昨晩ジャズクラブへいき、刺激を受けたのが脳のどこかに残っていたらしい。じっくり基礎練習。これはこれで楽しい。

明日は上河端地区、残りの報恩講廻り。夜は総報恩講と法話。きつい一日になる。今夜は早めに寝よう。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

本日も老人ホーム布教

午前中3軒の報恩講を勤める。午後、法務員のY君がある施設に入所中のHさんを自分の車で迎えに行きHさんの自宅までお連れする。そこで報恩講のお勤めとなる。毎月の月忌参りも、こうして施設に迎えに行き自宅までお連れして勤めているのだ。なかなか手間と時間のいることだが、Hさんにしてみれば、月に一度自宅に帰れる貴重な日。しかも送り迎えつきで。
動きこそ緩慢だがHさんは頭はしっかりしておられる。(無論もの忘れはそれなりにあるのだが)

お勤めを終え、Y君と別れて今日は昨日とは別の老人ホームへ布教。こちらは福井市内の本願寺派の寺院会で交代で布教に訪れている施設。よって、何年かに一度その責めが廻ってくる。

帰山後、先日購入したテーブルの天板の2度目の塗装と、先日のお説教とジャズのDVDをJINEI氏に仕上げていただいたので、富山からの出演者にお送りするためにそれを複数枚コピー。
夜、久しぶりにジャズクラブへ。11月13日、今年も地元の小学校の生徒がお寺へ訪ねてくる。そのときのジャズ演奏とお話の先生として店のオーナー白井さんにお願いをする。ピアニストも店にいたので丁度お二人の協力をいただけることになった。安心したところで焼酎を堪能。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

老人ホーム布教

午前中、3軒の報恩講廻り。T家。今年奥様を亡くされた御主人(88歳)がお茶を出してくださる。なくなられるまでのほぼ6年間、入院先の病院へほぼ毎日自転車で看病に通われた。その喪失感は大きなものだろうと思う。散歩がてらお寺へもお茶のみに来てくださいねとお誘いする。
次がY岡家。以前庭の手入れ中に脚立が倒れ、庭石で頭を強打、意識不明の大怪我をされたがその後遺症は全く感じられないくらいにお元気になられた。奥様とも一緒にお正信偈のお勤め。
T村家。孫の世話で忙しいと嬉しそうに仰る。
午後K家。先年まで丸岡町にお仏壇を安置した家があったのでそちらで報恩講を勤められたが、一昨年福井市内の家にお仏壇を移され、それ以来こちらの家で報恩講を勤められるようになった。

法務員のY君と別れ、毎月の老人ホームの法話会にでむく。法話会終了後事務長さんとしばらく歓談。ホームのスタッフ募集の難しさなど聞かせていただく。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

久しぶりの完全休日

法務無しの一日。さて何しようと考えてみるが、することは一杯ある。「節談説教と落語」のイベントに関して別院の使用許可に関する問題点をクリアするためにまず別院へ。というわけで輪番さんに主催者側の企画立案上の不備に関してお許しを願う。
(あんまり詳しいことは書けないけど)。ご寛恕をいただきました。

寮町のS寺様に出向く。ついで、ホームセンターに、会議・研修室のテーブルを自作するための天板と足を購入しにゆく。あいにく足の数が足りずに注文ということになった。天板と塗料を買って帰る。門徒のUさんにお願いして塗装、組み立て、仕上げをしてもらうつもりでいたのだが、塗装だけでもやってみようとガレージでペンキ仕事。私は本来好きなんですよね、こんな作業。

一度塗りしてとりあえず今日はここまで。

夕飯までに少し時間がある。体から発するキムチのにおいを少しでも退治するために、福井工大のキャンパスにある温泉とサウナに行こうと思い立った。久しぶりの温泉である。たっぷり一時間半、汗を流した。おかげで晩酌のビールのおいしかったこと。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする