Mさん

午前中、K明寺様報恩講に出勤。導師をおおせつかる。
終わって市内M家報恩講廻り。Mさんは今年の日曜講座の受講生。半年間本当にご苦労様でしたと申し上げると、今だからいえますが6月の例会日の直後に、大腸癌の手術を受けたのです。2週間の入院で退院できたのでその後も日曜講座を休まずに済みましたと淡々と仰る。その後現在まで抗がん剤を服用しておられるとのこと。全くそんな素振りも見せないで受講しておられたことに、頭が下がる。

「この年になるまで、お勤めや作法のことなど知らずにきましたが、他の受講生の皆さんは若い人も含めてある程度のことは身につけておられたんでしょうね」と仰るから、「そんな方もいらっしゃいましたが、半数の方が初心者でした」と。

毎回、初めと終わりに歌った真宗宗歌と恩徳讃は、気持ちが穏やかになるいい歌ですねとも。

午後、再びK明寺様の逮夜法要に出勤。夕刻、明日通夜を営まれるI家へ。
帰山して、門徒会館の通夜に出仕。

さあ、いよいよ明日から千福寺報恩講。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す