報恩講が済んで

8時半より報恩講廻り。市内Y家、次いでH家を終え、鯖江T崎家。報恩講のお勤めとご尊父三回忌法要。御子息が、今年の永代経法要に初めて参り、御講師の法話がありがたかったと仰る。是非毎年お参りくださいねとお勧め。

帰山、昼食の後東京からM家の来寺。ご尊父の十七回忌。読経が終わったところで、山号額の文字について質問されたので「大悲無倦常照我」のお言葉から法話にはいる。

京都に向かわれるというので、福井駅までお送りし次に福井市内O田家報恩講。奥様は長年リューマチを患っておられる。必ず永代経、報恩講には欠かさずお参りお聴聞されるかただが、今日はご病気のことについて突っ込んで話を伺った。欧米では使われているのに日本では認可されていなかった薬が何点も使えるようになり、自分の体に合うものが見つかったので夜寝るときにも痛くて寝られないということはありがたいことになくなりましたと仰る。
最初の子を出産、そして亡くしてまもなくこの病気を発病。主人から暇を出されずにおいてもらえたおかげで、こうしておまいりもできますしその後授かった子供も結婚、二人の孫に恵まれましたと感謝の言葉を口にされる。
当然といえば当然だが、治療法、そして新薬などこの病気に関する知識情報はご本人には不可欠なもの。この方面の医学はそれなりに進歩を遂げてはいるが、やはり根本の原因の解明と治癒にいたる治療法はまだないということなど、いろいろお聞かせいただいた。
そういえば、十年以上も前のこと。現在は全席椅子席であるが、足の不自由な方のためにと椅子席を十数席本堂に用意したときに一番喜んでくださったのがこの方だったことなど思い出した。

今日の最後、F家。福井の中央卸売市場に関係しておられるが、市場全体で最盛期の半分ほどの売り上げしかなく、厳しい状況にあることなどを話してくださった。大手のスーパーやショッピングセンターは自前で独自の仕入れルートををもっており、小売の魚屋さんなどがどんどん少なくなっていることなどがその理由とか。

ところで、ここ数日やたらにキムチを食していたのだが、どうもはく息、体臭がかなりキムチくさくなっていると坊守に指摘された。自分では全くわからない。自分のことは自分が一番よくわかっているという傲慢さからくる陥穽。
お参り先の皆様にもご迷惑をおかけしたことでしょう。ご寛恕のほどを請う次第です。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す