日別アーカイブ: 2008 年 10 月 28 日

老人ホーム布教

午前中、3軒の報恩講廻り。T家。今年奥様を亡くされた御主人(88歳)がお茶を出してくださる。なくなられるまでのほぼ6年間、入院先の病院へほぼ毎日自転車で看病に通われた。その喪失感は大きなものだろうと思う。散歩がてらお寺へもお茶のみに来てくださいねとお誘いする。
次がY岡家。以前庭の手入れ中に脚立が倒れ、庭石で頭を強打、意識不明の大怪我をされたがその後遺症は全く感じられないくらいにお元気になられた。奥様とも一緒にお正信偈のお勤め。
T村家。孫の世話で忙しいと嬉しそうに仰る。
午後K家。先年まで丸岡町にお仏壇を安置した家があったのでそちらで報恩講を勤められたが、一昨年福井市内の家にお仏壇を移され、それ以来こちらの家で報恩講を勤められるようになった。

法務員のY君と別れ、毎月の老人ホームの法話会にでむく。法話会終了後事務長さんとしばらく歓談。ホームのスタッフ募集の難しさなど聞かせていただく。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする