怒涛の一日

いや、正直シンドイ一日だった。

市内F家の報恩講と月忌。ついでT永家。3回忌と報恩講。移動して市内T村家七回忌と報恩講。T家の親戚の方は大きな声でお正信偈を一緒に唱和してくださった。道を通る人にもお勤めの声が聞こえていただろう。かつて真宗門徒の家からはこうしたお正信偈の声が聞こえたはずに違いない。

T地区墓地にてO谷家の墓参。眺めのいいところまで車を移動。坊守の作ってくれたお弁当を車中で食べて昼食。
午後2時よりF地区の2軒のI森家(本家と分家)報恩講。本家のI家ではお身内だけでお母様の七回忌法要も勤める。

M地区に移動して3軒の報恩講。このころになるともう膝が痛み、声も少しかすれ気味。
市内にもどり、S家の報恩講および月忌参り。帰山8時過ぎ。

トータル 法事3軒。報恩講9件。月忌のお勤め3軒。
夜、膝がうずくので湿布を膝にあてて床につく。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す