住職継職法要

滋賀県から入寺されたという新住職様の継職をお祝いする法要。お付き合いのある近隣のご住職様方の出勤をいただいて賑々しく継職法要が勤められる。自分もご門徒さんに混じって法要のご縁の席に連なる。新住職様の表白の結びに「ご門徒の皆様とともに伝統あるT楽寺のお念仏の法統を護ってまいります」との力強い決意表明。在家ご出身という新住職様と新坊守様の歩まれる道は決して平坦ではないであろうが、この初心に立ち戻ることができる限り、大丈夫!

午前は満堂のお聴聞の皆様を前に、一席のお取次ぎ。

午後からは、報恩講法要。壮年会の方々のお聴聞と活躍が目に付く。婦人会は無論だが、こうした方々をお育てになられた今は亡き前住職様のご教化の姿勢が偲ばれる。

夜の法座を終え、ホテルに送っていただき、早めに床につく。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す