日別アーカイブ: 2008 年 11 月 23 日

報恩講・法事・墓参

9時市内T家報恩講。10時市内S家三回忌法要。終わって高速に乗り今庄へ。今年初めに亡くなられた御主人の一周忌。本来なら来年勤められるはずが、「雪の今庄」故、雪のない今のうちに勤められることになった次第。
是非お斎に席にとお誘いいただいていたのだが、名古屋と大阪からK家の御遺族が満中陰法要に千福寺こられる。名古屋と大阪へのお帰りの時間を考えると、これ以上遅くしていただくわけにいかないので、S家のお斎の御招待を辞退して高速にて引き返す。
ありがたいことに、日曜祭日の高速料金は終日100キロ以内半額。フルにその特典の恩恵にあずかる。

昨日帰省した3男は午前中だけのお参りの予定だったが、K家の法要が長引きこのあと、足羽山墓地への納骨も希望されるので、自分が行くはずだった市内2軒の報恩講廻りを3男に頼み、自分はK家の皆さんと足羽山西墓地へ。
大阪からいらしたご遺族のお一人が、8月の6日にここにおまいりしたら、前日に「あんどーなつ」の撮影がこの場所で行われたことをここらにいた人(シルバー人材センターの墓地清掃方か?)に聞かされたとおっしゃる。

8月末に放映された番組をみてそれを確かめましたと。

夜、市内S縁寺様の報恩講の夜座のお聴聞。はるばる熊本から節談説教の第一人者佐々木師がご出講である。久しぶりの生のすなわちライブ節談説教。(DVDなどでは拝聴していたが)
夜座にもかかわらず80名ほどのお聴聞のお同行。ご講師の節談説教の魅力とご住職の普段のご法義への姿勢がマッチした結果に違いない。夜座のこれだけのお聴聞の多さは久しぶり。
それにしてもさすがに節談説教の布教使さまの喉の鍛え方は違う。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする