- 〜千福寺〜りんどうホール〜 - http://senpukuji.net -

お仏壇

8時半寺を出立。三国・芦原・春江方面の報恩講廻り。
午前中最後におまいりしたS家様。立派なお仏壇とこれまた立派な仏間。以前から疑問に思っていたことを不躾を承知でお尋ねした。

Sさんは長男さんでいらっしゃるが、弟さんが家を継がれ、Sさんはいわば分家の形で家を新しく構えられた。かつて福井では分家するにあたり、親がお仏壇を持たせるということをよく聞いたが、それにしてはS家のお仏壇は相当大きく立派なものである。自分がお参りさせていただくようになって30年近くなるが、このお仏壇はそれ以前からのもの。

自分の質問は「このお仏壇は、実感のお父さんが持たせてくださったものですか?それともSさんが御自分で求められたものですか?」
Sさんのお答え
「ここに家を構え、織物工場を建てるときに、貯金をはたいて自分で買ったものです」
当時Sさんは30歳そこそこのはず。その時、無理してでも立派なお仏壇を求め、自分が初代としてこのS家を立てて行くのだという深い決意がこの見事なお仏壇を求めさせたのだろうと思った。将来に対するさまざまな不安を含めた思いがおありだったろうに、貯金を吐き出してでもまずお仏壇を求めそれにふさわしい仏間(上段が設けられている)をしつらえられたことに感動した。

今は亡き実家のお父さんが何よりもそのことを喜んでくださったことなどを話してくださった。
というわけで、お仏壇の前にお座りいただいてパチリ。最初お仏壇だけを撮ったのだが、それだけでは大きさがわかりづらいので、遠慮なさる御夫婦にお願いしてのツーショット。携帯電話のカメラだったので、残念ながらのこの写り。Sさんごめんなさい。

午後、4軒のお参り。最後のU田家。この夏、日本(世界?)で最大手の自動車会社関連会社をリタイア。廻りからは、時期的には一番いいときに定年を迎えたなとよく言われるとのこと。
それなら来年の「日曜講座」に是非とお誘いしたら、あっさりと奥様と一緒に受講しますとの答え。お待ちしていますよ。