AM放送

午前9時、市内K家報恩講。その後、鯖江に向かい、鯖江市内報恩講5軒。
M家にてお昼ごはんのご接待をいただく。若奥様を口説いて(?)来年の日曜講座にお誘いする。何を隠そう、お母様は第一期生。お母様の後押しもあり受講を申し込んでくださった。

ところでカーナビが壊れてしまい、修理に出してある。といってもまず修理の見積もり費用を出してもらってからということで。修理の費用しだいによっては、買い替えも視野に入れて考えなければと思っている。

壊れるまでは、カーナビをつけっぱなしか、テレビの音声放送を聴きながら運転していた。(落語や法話もカーステレオから聞くことはできるのだが、長距離ドライブならまだしも、報恩講廻りの細切れ運転では中途半端になってしまうので)

そこでFMをかけて聞いていたのだが、好みの音楽がスピーカーから聞こえてくる確率はいうまでもなく低い。それならと、ひょっと思いついてAM放送を流してみた。コマーシャルは聞きたくないのでNHKを選局。これが案外というと関係者の皆さんには失礼かもしれないが、面白いのである。AM放送を聴くなんて、高校時代の深夜放送以来かも。パソコンだけが情報収集の手段ではない、ネットで仕入れられる情報は全体の一部でしかないということをあらためて知らされた。しかも生身のアナウンサーのおしゃべりゆえにその情報に何か暖かさを感じるのである。

ラジオを聴きながら仕事しておられる、たくさんのたくさんの視聴者の存在を思った。それなりにラジオというメディアも昔と違うということを感じたのは、視聴者がスタジオに携帯から写真やメールをリアルタイムに投稿してこられること。それにアナウンサーが反応して紹介するなど、昔では及びもつかなかったことなど感心することしきり。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す