月別アーカイブ: 2008年12月

葬儀の大晦日

午前11時、芦原市N家の葬儀。帰山して掃除の続き。子供らは会館のエアコンのフィルター掃除などしてくれている。昨年までは自分の仕事だったが、捻挫の治りきらない足での脚立の上り下りは大変だろうとの同情ゆえか。
会館は天井が高いうえにエアコンも何台もあるのでそれなりにしんどい作業ではある。

自分はやっと自分の部屋の掃除に取り掛かる。ここでも掃除下手、整理下手を身をもって知らされる。掃除を終わりきれないまま、今年最後のお夕事(ゆうじ=晩の勤行)を家族揃って勤める。

夕食後再び部屋の掃除。テレビをつけっぱなしにしていたら、立川志の輔作の新作落語「歓喜の歌」のドラマ化されたものが放映されているではないか。原作の落語の方は何度も繰り返しきいていただけに掃除の手を休めて結局最後まで見入ってしまった。

掃除は、まっこんなところでいいか、と妥協。今年の垢を落とそうと風呂に入っていたら、西別院から除夜の鐘の音が。もうそんな時間か、とあらためて年越だなと感じ入った次第。

今年一年、空言戯言(そらごと・たわごと)日記にお付き合いいただき本当に有難うございました。月並みながら来年も宜しくお願い申し上げます。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

通夜

夜明け前の電話。まず間違いなくご門徒さんの訃報の電話だろうと思っていると坊守がNさんのお婆ちゃんが昨晩遅く亡くなられたそうですと告げに来た。

受話器を受け取りご子息と話す。年末のことでもあり、今晩通夜、明日葬儀ということで日取りをお願いしたいとのこと。幸い法務は他に入っていない。

先日発見した、門徒会館の屋上の排水溝が詰まりかけているのを除去する作業が思いのほか手間取る。お天気に恵まれている今日のうちに何とかしようと格闘しているうちに、夕方になった。Y家の今年最後の月忌参りをつとめる。Y家では二人の大学生の子供さんも帰省、お婆ちゃんも含め全員お揃いでのお参り。
その足でそのまま芦原市N家の通夜に望む。

卒論準備で帰省が遅れていた次男も帰ってきて賑やかに遅い夕食。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

餅つき

毎年我が家は12月の29日が餅つきの日である。昨日から洗って用意したもち米を蒸篭で蒸し、臼ならぬ餅つき機でつく。

餅つきに関しては法務員のY君の完全な指導下にある。その指導を受け鏡餅に仕上げてゆく作業は子供たちの役目。今年は3男が指南を受けながら昼過ぎまでかかって餅つきは終わった。搗きたての持ちでおろしもち・きなこもち・あんこもちをいただく。

自分はといえば、相変わらずあっち、こっちうろうろしながら自分の部屋の掃除も手に付かず、それなのに疲れだけは一人前。足の捻挫が完治しないまま動き回っているのでそれもしかたないかと一人で言い訳をしながら日が暮れてしまった。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

大掃除

日曜日なれど、年末のこともあり法務無し。当然終日大掃除。

正直に告白すると掃除は苦手である。境内の植木鉢など少しは整理してお正月らしく境内を清々しくしたいのだが、それがなかなかうまく出来ない。坊守はそれを横目にテキパキと内外の掃除、年末の買い物などまめまめしく立ち回っている。

夕刻、社会人の長男と大学3年の3男が帰省。長男は9連休になるそうだが、長くは家にいるつもりはないらしい。
掃除と整理に関しては3男の右にでる男は我が家にはいない。明日から頼りにしてまっせと、とりあえず夕食のビールで媚を売っておく。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

タイヤ交換

昨日から日本海側は寒波に見舞われ、大雪情報が聞かれるが福井の雪はたいしたことはない。もうぼちぼち冬用タイヤに換えないといけないなと思いつつ、少し時間的に余裕ができたものの左足の捻挫が治りきっていないので躊躇しているうちにもういつ雪が来ても仕方がない時期までずれ込んでしまった。

家人曰く、「タイヤの交換はガソリンスタンドでやってもらいなさいよ。その足で無理して腰にきたら、腰痛治療のマッサージ・カイロプラクティlック・整体にいかなきゃならなくなるわよ」

仰るとおり、というわけで記憶にある限り初めてタイヤ交換をスタンドで頼むことにした。とはいえ、でかいタイヤである。スタンドまでどうやって持ってゆくか。結局二回に分けて後部座席にダンボールを広げ敷き詰め二本ずつ運ぶ。
あっという間に交換終了。

タイヤ交換終え、雪よいつでも来い!
というわけで丸岡町I家の満中陰法要に。
十月、富山県高岡市のT楽寺住職継職法要に出講のため若院が葬儀の導師を務めさせていただいた門徒さん。I家を後に、福井市内M家の報恩講。今年最後の報恩講勤めとなった。
夜、篤姫の総集編二日目を見る。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする