堂島地区報恩講廻り

12月1日は福井市郊外堂島地区の報恩講廻りと昔から決まっている。この地区には4軒の千福寺門徒がおられるが、一斉にこの地区は報恩講を勤められるということで、村の中で他のお寺さんとすれ違うことがある。西別院の直参門徒、T勝寺様、Y専寺様などなど。しかし今年は遭遇はなかった。

最後のY家を辞し、丸岡町T地区へ移動。今日も車中でお結びのお昼ご飯。T地区の報恩講は先日終わったのだが、M家の御当主は蕎麦打ち名人ゆえ、毎年その時期に東京にて福井物産展会場で越前おろし蕎麦の実演PRで不在。よって本日の報恩講勤めとなった。

M家の後坂井市丸岡町F家報恩講。Fさんは今年の日曜講座の受講生。「住職、来年も受講していいですか?」とのお尋ね。「全く同じ講座内容ですが、それでよければ結構ですよ、自主留年?した人が昨年もおられましたよ」

次いで福井市郊外K町、N村家報恩講。奥様が先日脳梗塞で入院されたそうだ。幸い後遺症らしきものもなかったそうで、何より。

帰山して、S家月忌参り。御主人亡き後、御主人の起こされた事業を引き継いでおられる。話題が豊富な方だけに、お勤めの後の時間があっという間に過ぎてゆく。これからまた会社に引き返されるという。

夜、先日作ったテーブルに脚を一本加える作業。材料は先日購入してあった。

理由・・・・・天板の自重で中央部がわずかに下がってきた。一番手っ取り早い補修矯正方は・・・・中央部に足を一本つけたしてその重さをカバーさせること。よってこんなことになりました。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す