日別アーカイブ: 2008 年 12 月 4 日

F地区報恩講と広島菜

朝から快晴。絶好の報恩講勤め日和。坂井市F地区報恩講。合計8件。それに先日満中陰法要を営まれたI家の墓地納骨のお勤め。寺当番のI家ではご当主が勤めを休んでご接待してくださった。お昼をおよばれしながら、報恩講の意味やお正信偈の節(草譜・行譜)についての質問が。これもありがたいご縁である。

最後のT家。Tさんは脱サラして農業一本でがんばっておられる。嬉しいことに婿さん(お嬢さんの養子さん)もその農業を受け継ぎ専業農家の後継者としてお父さんと一緒に働いておられる。お勤めにも家族揃ってお参り(赤ちゃんも)。

帰りにTさんが段ボール2箱分の広島菜を下さった。試験的にここ何年か作っておられるという。名前は聞いたことあるが、食べたことはない。高菜・野沢菜とならぶ美味しい菜っ葉だそうだ。食べ方は?と聞いたら、一番手っ取り早いのは「おひたし」でしょうね、そしてお漬物。
つけ方は?
ネットで調べればわかりますよとのアドバイス。
帰山して早速ネットで広島菜を検索。漬け方は難しくない。家人に頼んで早速つけてもらおうと思う。夕餉におひたしがでた。実においしい。これならきっとお漬物も絶品だろうと今から楽しみである。Tさん、有難うございました。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする