帰山

午前5時半に起床して、薄暗い宇奈月を後にして一路福井へ。夜の間に気温が下がらず、雨模様だったおかげで道路の雪・氷は解けている。時間的には余裕を持って帰山できた。

10時から市内M家の三回忌。亡くなられたMさんは朴訥な方だったが、ご生前「真弓の木」を一鉢下さった。今も毎年小さな花と可愛い赤い実をつける。
毎年この実を見るたびにMさんを思い出すだろう。

一度帰山して、K家の月忌参り。昨年ほぼ一年の闘病生活をおくり、年末に職場復帰したご子息も一緒にお参り。Kさん曰く、職場復帰したものの息子の会社も、自分が勤めている会社も急激な業績悪化により、先行きが不透明になりましたと話される。話題が政治の舵取りが頼りないなどと批判的な方向へ。

午後坂井市のOさんが弟夫婦と3人で来寺。ご母堂さまの十七回忌法要。

夜、拙寺にて「節談説教と落語」の打ち合わせ会。スポンサー探しも一段落して、目標額を大きく越すことができた。パンフレット作成についてのアイデアを出し合い、当日までにしなければならないことの大まかなスケジュールをたてた。
終わって若手の二人と近所の焼き鳥やで久しぶりに一杯。
この店には鹿児島からさまざまな芋焼酎を取り寄せてあり、銘柄を代えて飲む楽しみがある。時計が翌日になってしまわないうちに散会となった。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す