訃報

昨日朝のこと、電話で東京のTさんから奥様が一昨日お亡くなりになられたとのお知らせをいただいた。
Tさんは昨夏に鹿児島出身で東京で会社を経営しておられる。
そのお母様は、自分の行信教校時代とその後も言葉に尽くせないほどかわいがっていただいた自分にとっての恩人。昨夏、入院されたとの知らせをいただいて2度ほど大阪の病院へお見舞いに寄せてもらった。T氏ご自身には入れ違いもあってそのときはお会いできなかったが、久々にお会いできたのはお母様のご葬儀のときだった。
その奥様にはのとき、葬儀のときと2回もお会いしていたのだが、ご本人の口から自分もいま癌で闘病中とのお話を聞いた。

11月にはご家族でお母様の納骨に鹿児島に帰省されたとおききしていたが、ご主人の話では、体調はけっしてよくなかったが、自分にとってはこれが最後の帰省になるだろうからと仰っていたそうだ。

奥様は鹿児島のキリスト教系の女子高から東京の同じくカトリック系のJ大学へ進まれ、キリスト教との関わりは普通の方よりずっと深かったにもかかわらず、お念仏を本当によろこばれたご主人のお母様のご縁に他ならないと思うのだが、浄土真宗の法話を近年喜んで聞いておられたたそうだ。

半年のうちに、本当に大切な方を2人も送られたTさんの心中は察するに余りあるものがある。願わくば、お母様とそして奥様、お2人のご逝去のお悲しみを通して同じ世界に帰ることのできる道、お念仏のご縁を深められんことを。

本日、午後12時よりご葬儀とのこと。静かにお念仏申させていただく。
          K子様、またおあいしましょう。       合掌

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す