築地本願寺初日

早めに床に着いたので、5時過ぎには目が開いた。晨朝は7時からである。
法話のことなどに頭をめぐらせているうちに再びウトウト。洗面など済ませ気持ちを引き締めて本堂に向かう。お彼岸の期間中はお勤めはお正信偈ではなく、般舟讃と早引和讃。法話はお勤めの後5分以内と言い渡されている。御文章もしくは拝読のご和讃に関するものをとのお達し。

午前の席は10時半より1時間。お聴聞の方は・・・・残念ながら少ない。
東京という最大の人口を抱える都市で、両手で数えられるくらいの方しかこの聞法の場にお越しいただけないのはなんとももったいないと思うし歯がゆいほどである。

午後は12時半より2時までの休憩をはさんでの二席。
変則的だが、法話の後に本堂で彼岸会の法要が勤まる。自室で着替えた後、本堂へお参りする。多いとはいえないがそこそこの参詣の方が本堂に座っておられる。法要にお参りされるだけでなく、この方々との聞法のご縁が結べないのだろうかと感じた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す