築地本願寺二日目

日程的には昨日とまったく同じスケジュール。

参詣お聴聞の数もほぼ同じ。

午後の法話を終えたら、控え室に参詣のご婦人が質問に見えた。ご主人とご子息をを早くになくされ、ご自分も会社をリタイアしてから、京都龍谷大学の真宗学科に転入試験を受けて入学、昨年卒業されたという経歴の持ち主。
教学的なご質問かと思ったら、亡きご主人とご子息のお墓のある広島県の菩提寺のお墓に一緒に入るべきか、ご主人亡き後苗字を旧姓にもどしたので、実家のお墓に入るべきか迷っているとの相談。

結論的には、お好きになさいませということ。ただ基本的にはご主人とお子様の納骨されている広島の菩提寺への納骨が自然ではないかと思いますとお話させていただいた。

夜、深川の江戸情緒を感じさせる和食のお店で、友人数人があつまってくれての親睦の会食。幹事役を勤めてくれたO君の細かい気配りに感謝。
学生時代はこの駅は何度も通過するばかりで降り立ったことはなかった。

芭蕉の庵を構えたのはこのあたりなのか、インターネットで調べてみようと思うのだが、築地本願寺内は無線ランが不通。セキュリティの問題もあるからなのだろうが、前回3年前に来たときはロビーでネットが使えたのに。
よって、東京滞在中このブログの更新もメールもチェックできない。
ということは、このブログは帰福してから書いているということがおのずからばればれ。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す