日別アーカイブ: 2009 年 4 月 6 日

カイロプラクティック

1週間ほど前から腰が重たい。休養日の今日、午前中カイロプラクティックへ。腰だけじゃないですよ、背中も相当ゆがんでいますよ、しばらく通ってくださいと院長に言われた。確かに腰痛だけではなく背中の筋肉が異常に張っているという自覚症状はあった。
まあその他いくつか指摘された悪い箇所があり、おとなしくしばらく治療に通ってみますか。

その足で福井新聞社へ。プリンという有料の告知コーナーへ 梯 實圓先生をお迎えしての「春の法座」案内を掲載してもらうためである。
一行500円プラス消費税。なるべく簡潔にと句読点まで削って何とか十行に収める。

午後、インプラント施術してもらった歯科医院から年に一度のチェックに来るようにとの電話に促されて出かけた。結果は良好だが、インプラントの隙間の歯磨き状態がよろしくないとの指摘。なかなか難しいんですよね歯間の掃除って。

夜、会館の通夜に出仕。菩提寺のご住職が勤められる前に、阿弥陀経を読誦。
周り焼香の一番よろしくない欠点が露呈。お勤めの間の厳粛さが全くないのである。誰だこんな周り焼香などというものを考え出したのは!
読経後の御文章拝読の最中にも、こちらに尻をむけたままおしゃべりを止めない。

菩提寺のお寺さんの通夜の読経が終わってしばらくしてから、葬儀社の社員と通夜・葬儀のあり方について話し合った。
最近とみに、通夜の厳粛さが失われたと彼も言う。以前は福井の方は念珠と聖典はかならず持参して通夜には参列された。周り焼香だと一緒にお勤めもすることがないので、その習慣があっというまに崩れてしまった。
故人を偲ぶという雰囲気もない通夜って一体なんだ!

ここまで書いて、昨年秋の号にかいた「はらから」の巻頭法話をこのホームページに掲載していないことを思い出したので、あわてて掲載しておきます。
どうぞご一読していただき、Jazz Boseの思いを汲んでやってください。

    

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする