コピー機

コピー機が調子が悪い。考えてみれば、10年近く使い続けてきた代物。紙づまりが頻発。ぼちぼち換え時かと思っていた矢先、先日事務機販売代理店からの売り込み。前向きに考えるつもりで応対していたら、早速のセールスに。

向こうにしてみれば当然の攻勢だろうが、こちらとしても易々とそれに乗っかるわけにはいかないというわけで攻防戦。
ただし今日はこちらの準備不足。この時代だから当然ネットで製品情報と価格情報は仕入れておくべきだった。一応今日は向こうのセールスポイントを聞き、後日返事ということでお引取り願うつもりだったが、長引きそうだと思っていた矢先、T家ご訃報の電話。
枕経に行かねばならないこともあり、明日もう一度来訪してもらうことでお引取り願う。
T家のご当主(故人)は秋田県ご出身。千福寺の門徒として今後ご縁を結ぶことになった。T家の皆様には初めての葬儀。いろいろ戸惑われることも多いと思われるので、どんな些細なことでもお尋ねくださいとお話してお勤めを終え帰山。
夜、あらためてネット上で我が寺にふさわしいリーズナブルなコピー機を探してみる。明日事務機メーカーのセールスマンに、こちらの持ち駒もさらして交渉ということになる。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す