S寺様永代経法要

10時よりS寺様の永代経法要のお取次ぎ。パソコンの布教記録をみると1998年からS光寺様にはご縁をいただいている。それほど布教に自分は出ているわけではないし、ゆえに毎年連続でというと法話の題材の少ない自分にはかなり厳しいのだが、坊守様やご門徒さんの聞いてくださる姿勢に許されてこうして10年も連続で出講させていただいてきた。
午後の法座を終えて辞するとき、玄関先の鉄線の一枝を下さいね、挿し木しますからとお願いしたら、辞退申し上げるにもかかわらず坊守様が鉢ごと持ってゆけと車に押し込まれる。いくらあつかましい自分でもそれはいただけませんと押し問答の末、結局こちらが負けて、いただいて帰ることに。
鮮やかな紫の鉄線。また千福寺の玄関を彩ってくれる花が一つ増えました。有難く頂戴いたします。
夜、いよいよ「はらから」85号の編集に取り掛かり始める。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す