月別アーカイブ: 2009年8月

旅行延期・山翠苑追悼法要・壮年会準備会

午前中、旅行会社から電話。結論として今回の9月の旅行は一応延期ということで実施を控えるという決断を下した。申し込み期限が今日ということもあり、お金の払い込みにお寺に行きますと仰る方からの電話もかかった。事情をお話して、延期の旨をお伝えする。

連絡のつく方には電話でとりあえずその旨をお伝えする。今日現在電話連絡のつかないかたも数名おられるので明日にでもお知らせしなければ。皆さん、異口同音に「残念ですけど止むを得ませんね」と。

厚労省の発表では12月には終息に向かうだろうとの予想なので、来年3月、お彼岸の時期前後に延期ということでご了承いただく。

午後1時、恒例の老人ホーム《山翠苑》にて、福井組寺院会により物故者追悼法要に出仕。この山翠苑さんでの追悼法要はもう30年以上の長きにわたって行われてきた。二十数ヶ寺の寺院の出仕で阿弥陀経のお勤め。お仏壇の置かれたホールに読経の声が響き渡る。

夜、七時半より壮年会再開へ向けての準備会。6月末にサンドーム福井で開催された、中部北陸ブロック仏教組年会大会に参加していただいた門徒さんにお集まりいただき、壮年会再開へ向けて意見をお聞きする。

壮年会大会へ参加しての感想、壮年会再開へむけての例会の持ち方、募集方法など忌憚の無い意見をだしていただいた。来年の春再開をめどに今後も何度か集まる必要性を確認して散会。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

Y家葬儀

午前10時、市内のセレモニーホールでY家葬儀。Y家のあるB町に比較的近いこともあり、葬儀にも在所の方々の姿が比較的多いように感じられる。

今月得度したばかりの四男を諷経(ふぎん)に同道させる。振り返れば、先に得度した三人の兄たちも、得度したその直後、学校の休み中ということもあって、何らかの形でご門徒の葬儀に出仕するご縁を頂いてきた。昨晩急にその旨を言い渡したのだが、本人は突然の申し渡しにかなり緊張した様子。今朝のお朝事のあと、葬場勤行(そうじょうごんぎょう)の練習を申し出たので寺を出立する直前まで、付き合った。まあ緊張するのも無理はないとも思う。得度習礼の期間中、一応葬儀の作法とお勤めの習礼はあるのだが、時間的にはわずかなものである(自分の時もそうだった)。あとは実践の場で・・ということだろう。

無事に葬儀のお勤めを終え、控え室でほっとした様子がありあり。「緊張したか?」「それはやっぱりしたよ。」

この緊張感は大切だ。葬儀を営まれるご遺族には、今日のこのご葬儀が大切な意味を持つ。そのことを何回葬儀に出仕しても、僧侶は深く肝に銘じておかねばならないと思う。

午後3時半、Y家の納骨法要。

例によって、おそろいの写真をお撮りした。

DSC_7165

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

Y家通夜

困った事態になった。9月月末の「薩摩かくれ念仏遺跡参拝旅行」の実施についてである。昨日のニュースで厚労省の発表によると、インフルエンザ流行のピークは10月だという。そのピークを目指して団体旅行を強行してよいものかどうか、決断が遅れると旅行のキャンセル料金が課せられる。

旅行代理店と相談すると、今日は飛行機会社は事務的受付をしていないので、来週月曜すなわち31日に最終決断をしましょうとのこと。鹿児島の同級生のお医者さんに電話して相談をかけてみる。「大袈裟に心配することもないだろうけど、予防策として次のことを今から実践しておけよ」とのアドバイスをファックスで送ってくれた。頼もしいアドバイスである。

参考になるかもしれないので、ここに記しておく。

市販のビタミンCの錠剤を毎日3錠ずつ摂取する。(治験でもビタミンCを摂取している人はかかりにくいし、かかっても回復が早いとのデータを添付してくれてあった)

番茶でもいいから、外出から帰ったらお茶でうがいをする。(お茶に含まれるカテキンが殺菌作用が強いのだそうだ)

以上の二点を親切に注意してくれた。よろしかったらここをお読みの方も実践されてはいかが。

夜、セレモニーホールにてY家の通夜。先日のF家の通夜もそうであったが、今夜の通夜も弔問受付は6時から、通夜(お勤め開始)は6時半からという形となった。お勤めが始まる時間にはすでにいわゆる周り焼香の弔問の方はほとんどお帰りになられ、最前列にご遺族に皆さんにお座りいただき、一緒にお正信偈のお勤めが出来た。徐々に式場内の参列の方々のもお正信偈のお勤めを唱和する声が大きくなってくるのがはっきり分かる。

喜びにつけ、悲しみにつけ我々浄土真宗門徒はお正信偈をお勤めするという伝統を500年以上の長きにわたって連綿と受け継いできた。大切にしたい尊くまた有難い伝統である。会場に響く参列の皆さんのお正信偈を聞きながらそう思った。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

墓地台帳その2

一昨日の3男の力作、「第一墓地台帳」に刺激を受け、こうなれば第二墓地もきちんとWORDで作っておくベーと意を決し、再び4男を伴って早朝の足羽山へ。第二墓地は規模が第一墓地の半分以下なのでこちらは比較的楽である。そして墓地の転入・転出もほとんど無い。以前からの台帳の確認作業のみで終わった。

帰山し、第一墓地台帳にならって同じ形式で第二墓地台帳を作成。午前中で早々と作業終了。

境内の鉢の並べ替え、部屋の掃除などで午後を過ごすも、腰にかすかな痛みが走る。大事に至る前にというわけで、整体に。

夜、B町Yさんの訃報。枕経に駆けつける。今年の御正忌報恩講に一緒にお参りし、鹿児島かくれ念仏遺跡参拝旅行も楽しみにしておられたのに・・・。

勤行の後、例によって「お通夜のお勤めが始まったら、ご遺族の皆さんも最前列にお座りいただいて一緒にお勤めをして下さいませ」とお願いし、快く賛同していただいた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする

義援金

先日の「お説教とジャズの午後」で、会場の皆さんから寄せられた義援金を郵便局から日本赤十字社に送った。山口県の豪雨災害の義援金受付は終了しているということで、北九州豪雨災害のほうへ。

千福寺からも幾ばくかを寄付させていただき、合計 93,924 円。

DSC_7163

皆さんご協力有難うございました。

夜、そのお説教とジャズに出演してもらった「武田幸夫カルテット」が福井市アオッサで行っている毎月のライブコンサートにお礼を兼ねて出向く。

今夜も200名くらいのお客さん。この催し、すっかり定着したようだ。この前の「お説教とジャズ」にいきましたよ、と声をかけて下さる方が何人かおられた。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする