NHK合唱コンクール課題曲

ホテルを出て西山別院へ向かう。続々と習礼をうける僧侶の卵たちが親に付き添われて(自分を含めて甘いとは思う)別院の門をくぐる。建物の中には本人しか入れない。しっかり学んでこいよと背中越しに声をかけ、京都を後にする。自坊から電話。ご門徒のFさんの訃報。福井に帰り着き次第、枕経に寄せていただく旨お伝えし、一路福井へ。

北陸道も普段とは比較にならないほどの交通量。夏休みと例の「週末1000円」の相乗効果だろう、各サービスエリアもガードマンが出て駐車整理にあたるほどである。

午後3時、F家の枕経。ご遺族と葬儀社と住職との相談の上、弔問受付開始午後6時半、通夜は7時からということで取り決める。お正信偈のお勤めが始まったら、ご遺族も最前列にお座りいただき、一緒にお勤めをする形が何とか定着すればいいがと切に願う。

愛読しているあるブログで、今年のNHK合唱コンクールのことに触れてあった。早速リンク先へ飛んでゆく。びっくりしましたね、あらためて合唱のすばらしさに胸が熱くなった。また課題曲を作った《いきものがかり》というグループの存在も始めて知った。

JazzBose としては、音楽関係の話題はJazz しかこのブログでは触れてこなかったが、いいものは単純にいい。素直に脱帽。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す