日別アーカイブ: 2009 年 8 月 30 日

Y家葬儀

午前10時、市内のセレモニーホールでY家葬儀。Y家のあるB町に比較的近いこともあり、葬儀にも在所の方々の姿が比較的多いように感じられる。

今月得度したばかりの四男を諷経(ふぎん)に同道させる。振り返れば、先に得度した三人の兄たちも、得度したその直後、学校の休み中ということもあって、何らかの形でご門徒の葬儀に出仕するご縁を頂いてきた。昨晩急にその旨を言い渡したのだが、本人は突然の申し渡しにかなり緊張した様子。今朝のお朝事のあと、葬場勤行(そうじょうごんぎょう)の練習を申し出たので寺を出立する直前まで、付き合った。まあ緊張するのも無理はないとも思う。得度習礼の期間中、一応葬儀の作法とお勤めの習礼はあるのだが、時間的にはわずかなものである(自分の時もそうだった)。あとは実践の場で・・ということだろう。

無事に葬儀のお勤めを終え、控え室でほっとした様子がありあり。「緊張したか?」「それはやっぱりしたよ。」

この緊張感は大切だ。葬儀を営まれるご遺族には、今日のこのご葬儀が大切な意味を持つ。そのことを何回葬儀に出仕しても、僧侶は深く肝に銘じておかねばならないと思う。

午後3時半、Y家の納骨法要。

例によって、おそろいの写真をお撮りした。

DSC_7165

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 | コメントする