報恩講廻り雑感

午前中最初の報恩講参りしたT家。お父上は先年ご往生されたのだが、ご子息が今年の日曜講座を受講された。JRにお勤めで今日は出勤ということでお留守ではあったが、お母様が「息子がこの半年、お寺でお勤めなど習ってきたおかげで、毎日お勤めをしてから出勤するようになりました」と仰る。Tさんは日曜講座でも、まじめに欠かさず出席されていた。その講座で毎回お話してきたことだが、「お勤めとは、時には自分の気持ちに鞭打つようにして勤めてこそ、お勤めです」という住職の願いをきちんと受け止めて下さってあるのだなとありがたく聞かせていただいた。

そういえば、来年の受講生をこの報恩講廻りの期間ににスカウト?しなければならない。報恩講廻りの意味合いもより一層深いものになる。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す