T慶寺様報恩講

朝うかがったI家、お約束の確認が徹底していなかったようで、来月早々にということで出直すことになった。

T慶寺様の報恩講に三座(日中・逮夜・初夜)と出仕。

お座敷にいる間、携帯電話にしばしば手をやり連絡が無いかそわそわ状態が続く。午後電話が自坊からあった。坊守からである。

万歳、もう実名をご披露してもいいだろう。五木寛之氏が我が福井組の750回大遠忌法要の記念講演に出講していただけることになった。

その場に居合わせたご住職方に早速お伝えする。皆さん一様によかったよかったと。

午前・午後とお勤めに出勤したあとは、急いで報恩講廻りに出たのでお聴聞をしていない。せめて夜だけでもと、O師のご法話のご縁にあった。O師のご尊父は、以前カナダで開教使として活躍された方である。O師ご本人もカナダでお生まれになられたそうだ。そしてその地はカナダのケローナ州。ここに私のカナダの法友 O夫妻がおられる。Oご夫妻についてはムツ子夫人の著わされた「いっぺこっぺカナダ」を以前紹介したことがある。O夫妻はケローナの佛教会で浄土真宗に出会われた。カナダに渡ってまわりに知り合いのない夫妻に、その佛教会に誘って下さったのがO師のご尊父だったとか。

まさに不思議なご縁である。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す