さようならビッグホーン

エンジンの調子がおかしかった愛車ビッグホーン。平成7年初年度登録のこいつが寺に来たのが平成15年。年式の割りに少ない7万キロ超の走行距離。10万キロでベルトを交換、昨年オルタネーター交換(以前はダイナモと呼んでいた=発電機)。

エンジンがしゃくりあげるようになって、時々エンストをおこすことも。燃料噴射ポンプの交換が必要らしい、しかもこいつはそれなりに費用もかかる。迷った末おわかれすることにした。そして今日がその日。このビッグホーンを買った中古車ディーラーに引き取ってもらうことで話がついていた。整備の手を加えて東南アジアかロシアで第三の人生(車生?)を送ることになるようだ。エコポイント優遇制度を使い、ビッグホーンを廃車に、新車購入考えないではなかったが、今回もまた中古車でゆくことに決定。

写真は引き渡し直前のビッグホーンのメーター。一度も事故ることなくあちこちへ連れて行ってくれた雪に強かったこいつです。

オーディオも自分でいじくりまわし、ジャズのベースがずんずん腹に響くような大型スピーカーをを載せて、楽しんだ思い出多き車。

DSC_7227-1 DSC_7234-1

別れに名残り惜しさはつきもの。本当に有難う。

明日は、新しい中古車?が納車されることになっている。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク
  1. A.K のコメント:

    納車された新しい中古車(!?)は何でしょうか。非常に気になります。近いうちにこのブログにてお披露目ですか?

    • senpuku のコメント:

      新しい中古車はトヨタのクルーガーです。初年度登録は平成17年(4年落ちの中古車)。何と沖縄出身です。ということはうちのメリル(ワン公)と同県人。寺に二人目の沖縄出身者(車)が同居することになりました。

コメントを残す