腰痛7日目

3男は丸岡町I地区の報恩講へ。I地区は3軒のご門徒さんだが、毎年当番を決めてお勤めの後に3家族が会食される。住職も当然誘って下さる。出来る限りこうした場に身をおくように勤めているのだが、今年は3男のI地区でのデビューとあいなった。

自分の方は、市内Y家の十七回忌法要と報恩講。このY家の亡きご主人とのかかわりはご主人の透析が始まってからであった。透析を受ける病院やご自宅に伺い、おしゃべりのお相手をさせていただいた。バリバリの企業戦士が透析を受けなければならない体になったことの悔しさを隠さずに話して下さった。もっぱらこちらは聞き役。そんなお付き合いの中で世間知らずの自分にいろんなことを教えて下さった。

お仏壇には果物と、そしてレタスがお供えしてある。自分にはレタスをお供えされた奥様のお気持ちがよくわかった。人工透析患者は果物や生野菜が食べられないかもしくは厳しく量を制限される。これらの食品に含まれるカリウムが患者にとっては致命的なダメージを与えるからだ。好きな生野菜をレタスを心行くまで食べたかったでしょうという奥様の思いがこのお供えになったのだ。仏様が果物を召し上がるものか、生野菜を食されるかなどということは今日は言うまい。その故人の思い出を交えつつの法話をさせていただいた。

午後、少しばかりお酒を呼ばれて帰ってきた3男。やはり午後のお参りはやはり自分が行かねばなるまい。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す