F地区報恩講廻り 腰痛かなり緩和

丸岡町F地区報恩講廻り。腰痛は少しづつではあるが緩和しつつある。それでもコルセットは離せない。しっかり腰を締めて法務に臨む。途中O家で、門徒式章のことで質問を受ける。お寺の新聞「はらから」にお参りするときは門徒式章をつけましょうと書いてあるが、あれは輪袈裟のことですかと。福井では門徒式章を輪袈裟と呼ぶ習慣が一般化しているが、正式には門徒式章とよぶんですよ、そして毎日のお仏壇のお参りはもちろん、法事や通夜葬儀に参列するときも着用してくださいねとお話しする。

お参りを終えて帰山するころにはさすがに腰痛から来る筋肉の緊張で背中も肩もパンパンに張っている。コルセットをはずし横になり体を伸ばす。

夜、本当に久しぶりにジャズクラブへ。明後日の宝永小学校から子供たちがお寺にたずねてくる。その子らにジャズの手ほどきをしてもらうのに毎年この店のオーナー白井さんに出演を願っている。お願いはしてあったので確認は電話でもよかったのだが、やはり直接お会いしてのお願いが筋だろうと思う。しかしこうして出かけようという気になれたのも、腰痛がここまで和らいだからだ。久しぶりのアルコール。ビールと焼酎。回りが速かった。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す