S縁寺様報恩講ご満座

午前9時前、寺を出立。S縁寺様報恩講のご満座に出仕。門徒さんで結成されている楽人さんのグループの奏する楽で賑々しく親鸞聖人報恩講のご満座法要が始まる。お導師の読まれる『嘆徳文』をお聞きできるのは自分にとってはこのS縁寺様のみである。ご門徒(檀家)の数が多いS縁寺様ではあるが、ご満座にこれだけの参詣があるのはひとえに日頃のご住職の教化の姿勢によるものだろうと拝察。

法要終了後、ご住職はご門徒さんの葬儀をつとめるべく早々に寺を出られた。

午前中市内S家の報恩講を勤める。一度帰山して午後鯖江Y家。その弟さん宅は今日になって都合がつかなくなったとかで急遽延期。福井市にとって返し、Y家報恩講。奥様が福井組親鸞聖人750回大遠忌法要のコーラス隊に参加されている。五木寛之氏の講演も楽しみだし、フェニックスプラザ大ホールのステージに立てるのも一生の思い出と楽しそうに語られる。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す