友人来福

午前中、坂井市の報恩講廻り。最初のF家。昨年の日曜講座の受講生でいらっしゃるゆえ、お勤めも上手に唱和される。次のW家。子供のとき日曜学校に行って教わったといわれるとおり、これまた上手にお勤めされる。子供に対する働きかけの大切さをあらためて思う。午後、750回大遠忌法要のコーラスの練習。練習を終えたあと、指揮のHさん、コーラス部門部長のJ氏らと会場のフェニックスプラザ大ホールを下見にゆく。でかい。年明けから練習回数も増やしてゆくことになる。

夜、来福した高校時代の同級生と一献傾ける。本人はSE(システムエンジニア)でコンピューターのプログラマーなのだが、今回は来年以降の新入社員募集の挨拶に全国の高専・大学の工学部の就職担当者と面談の旅だそうだ。

高校3年時、同じクラスだった彼が今は完全に理科系の職業についている。こうした異業種に生きる人物と語る機会はありそうで、そんなにないものだ。せっかくの時期なのでセイコ蟹をつつき、福井の海の幸を楽しんでもらい、例によってシライハウスへ向かう。

ホテルに送って帰山。明日は丸岡町O地区の報恩講廻り。O地区は夜の総報恩講もあり、ハードな日程である。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す