あえてよかった

午後、開設10周年記念の婦人会総会。昨夜Z巧寺様の婦人会はもっと以前からあったのではとお聞きしたところ、婦人会そのものはすでに30年以前からあり、今の大勢にシフトしてからの10周年ですとのこと。そういえば式典中、長いこと婦人会会長を勤めてこられたKさんにたいして感謝状が贈られた。この方は、自分がZ巧寺様にご縁をいただいた10数年以上前からお寺のお世話(婦人会長など)を下さっておられたかたですっかりお顔なじみである。その他この間、お浄土に帰られたTさん、今も庫裏の活花など、まめにお寺に出入りされて何くれとなくお寺をもりたててくださっているTさん、こうした方々によってお寺は支えられていること、そしてそうした方々を育ててこられた歴代のご住職坊守様方のお働きなどに思いを馳せる。

法話は、標題のとおり「あえてよかった」。私を可愛がりまたお育て下さった前住職雪山隆弘師の思い出を交えて話させていただいた。平成2年のご往生だからほぼ20年も経った今、あの前住職様を知らない婦人会の方もおられるかと思いきや、60名ほどの出席者のほぼ全員が隆弘師のことを覚えておられた。師の活躍のすごさと慕われるお人柄を改めて思うことであった。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す