三十六歌仙写真撮影

昨年秋、横浜在住のご門徒さん 木村匡美さんがご自信のライフワークともいうべき三十六歌仙を完成され千福寺に寄贈された。できるだけきちんと写真にも記録として撮っておかねばという思いはあったのだが、今日思い立って午前中から写真撮影の準備にかかる。ストロボを焚くと反射光が入るし、斜めから照明をあて、背景は白か黒かなどと迷いつつ、撮影場所の選定。倉庫から全作品を台車で積み出してくる。

DSCF0038

そんなこんなで準備だけでもかなりの時間を要した。

すべてを撮り終えたらもう夕食の時間。足腰、背中がパンパンに張っている。それでも何とか念願を果たせたかなと自己満足。このブログのアルバムに近日中にすべてアップしたいと思う。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す