還ル

昨日と同じ「還ル」より、もう一篇の詩のご紹介。

還ル

 

                        祭りの日

 

祭りのみこしは ケガレを嫌う

死者の家を 回らない

死者の家では ひっそりと

門を閉じて 引きこもる

神さまに 白い目隠しした部屋で

浄土に生まれた死者たちは

生命(いのち)に限りがあることを

身をもって 示します

光となって 輝いて

残された人々の

幸(さち)多かれと 念じます

村中が

ドンドンだいこで 騒ぐ日に

死者の家では 手を合わせ

永久(トワ)のいのちと 向きあって

自分の生き方 みつめます

 

 

 

 

 

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記, 本紹介 パーマリンク

コメントを残す