BSアンテナ

両親の部屋のテレビの映りがわるくBS放送が受信できない。アンテナも相当な年代物になっており、先日BSアンテナを購入してセットしたものの受信感度が一向にあがらない。ご承知の方もあろうが、BSアンテナにはテレビ本体から15ボルトの直流電流が出ている。地上波(UHF・VHF)とBS波の混合器を経由して室内に引き込まれ、室内で屋内配線の事情に応じて3本ないし4本に分配される。この時点でかなり受信電波の減衰があり、映りに大いに影響が生じる。そして一番の関門がアンテナの向きである。

先日来、この15ボルトの電流は分配器・混合器を経てうまくアンテナ部まで通じているところまでは確認できているのだが、受信状態が改善せずせっかくのBSデジタル放送が見られない。アンテナの方向と角度をさまざまに調整するのだがお手上げの状態。ここまで何とか素人ながらやってきたもののやむを得ず専門家にあとをゆだねることにした。

町内の電気工事店に電話をいれるとすぐ来てくれた。電波の減衰が著しいのでブースターをかませればいいでしょうとの診断。「明日部品を用意してきます」ということで、BSが見られるお楽しみは明日。

カテゴリー: JazzBose空言戯言日記 パーマリンク

コメントを残す